インプラント
歯のケアはこちら
スポンサードリンク

インプラント基礎知識

インプラントの種類

インプラントの種類

インプラントには大きく分けて次の5種類に分類されます。


1 I.T.I.(ストローマン)
 
●特徴
1回の手術で終わらせることが可能な代表的なインプラントで患者の負担が少ない

●開発地
スイス

●手術回数
1回法又は2回法(基本的には1回法)

●手術の危険性
短いインプラントの植立で問題ないため、神経や血管を傷つける可能性が少ない

●どの部位に適しているか
・日本人の小さな顎の骨に適している
・前歯部にやや難あり

インプラントのシェア
世界で二番目のシェア

治療期間
・骨質1〜3度で2ヶ月
・骨質4度であれば3〜4ヵ月(上下顎にかかわらず)

●骨との結合強度
I.T.I.の方がブローネマルクより優れる

●その他の特徴
・25年の歴史がある
・1回の手術
治癒期間が短い
治療費がブローネマルクより安い
・I.T.I.でインプラントが可能でも、ブローネマルクでは適応外となることがある
・骨との接触が最も良好である




2 ブローネマルク
 
●特徴
2回の手術が必要であるが、どんなケースにでも対応が可能で歴史が一番古いインプラント

●開発地
スウェーデン

●手術回数
1回法又は2回法(基本的に2回法)

●手術の危険性
長いインプラントの植立が必要なため、神経や血管を傷つける可能性がある

●どの部位に適しているか
・どちらかといえば外人向き
・骨の厚みや高さがある方ならどんな難症例でもこなせる

インプラントのシェア
世界で一番信用されていた

●治療期間
・下顎は3ヵ月
・上顎は6ヵ月(従来型)
・最新のものは3ヵ月以内

●骨との結合強度
従来のものでは弱いが、現在は同等になった

●その他の特徴
・システムが完成されている(歴史が長い30年)
・2回の手術 ・治癒期間が長い
治療費が高い
・骨の質、骨の高さ厚みによりインプラントが不可能な場合がある
・I.T.I.で2本のインプラントでよい場合でも3本入れなければいけない場合がある



(引用元:星野歯科駒沢クリニック)


インプラントには色々な種類と色々な技巧がありますが、どのインプラントを採用するのかはそれぞれの特徴をよく熟知した上で、ご自身の生活に合わせてどのプランが負担が少ないか、そして担当のドクターとよく相談して選択することが望ましいでしょう。3 アストラテック
 
●特徴
2回の手術が必要であるが、ブローネマルクインプラントの欠点を補って作られたインプラント

●開発地
スウェーデン

●手術回数
1回法又は2回法(基本的には2回法)

●手術の危険性
長いインプラントの植立が必要なため、神経や血管を傷つける可能性がある

●どの部位に適しているか
・前歯部によく使われるが、臼歯部でも問題ない

●インプラントのシェア
現在世界の4大オリジナルインプラントのうちの1つ

●治療期間
・下顎は3ヶ月
・上顎は6ヵ月

●骨との結合強度
I.T.I.と類似している

●その他の特徴
・歴史的には浅いが、ブローネマルクのシステムの複雑な面や、インプラント表面性状が改善されている。
・2回の手術
・歯茎の回復がとてもよい。
・長期の成功率が高く患者の負担が少ない。


4 リプレイスセレクト
 
●特徴
ブローネマルクに置き換わり、シェアを延ばしているインプラント

●開発地
スウェーデン

●手術回数
1回法又は2回法(基本的は2回法)

●手術の危険性
短いインプラントの植立で問題ないため、神経へ血管を傷つける可能性が少ない

●どの部位に適しているか
日本人の小さな頬骨に適している上顎や前歯部向き

●インプラントのシェア
ブローネマルクインプラントの代わりになりつつある

●治療期間
2〜4ヶ月

●骨との結合強度
最新のブローネマルクと同じ

●その他の特徴
ブローネマルクと同じメーカーが作っているので信頼性は高く、ブローネマルクからリプレイスに乗り換える歯科医は多数


5 スイスプラス
 
●特徴
形状はI.T.Iとほぼ同じ

●開発地
アメリカ

●手術回数
1回法又は2回法(基本的には1回法)

●手術の危険性
短いインプラントの植立で問題ないため、神経へ血管を傷つける可能性が少ない

●どの部位に適しているか
日本人の小さな顎の骨に適している
前歯部にやや難あり

●治療期間
・下顎は3ヶ月
・上顎は3〜6ヵ月

●骨との結合強度
Tioブラストに似る

●その他の特徴
I.T.Iとほぼ同じ形状で互換性があるので使用するドクターが増えた。材料費が安い



(引用元:星野歯科駒沢クリニック)


インプラントには色々な種類と色々な技巧がありますが、どのインプラントを採用するのかはそれぞれの特徴をよく熟知した上で、ご自身の生活に合わせてどのプランが負担が少ないか、そして担当のドクターとよく相談して選択することが望ましいでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。