インプラント
歯のケアはこちら
スポンサードリンク

インプラント メリット・デメリット

インプラントの短所

インプラントの短所

インプラントは手軽に行える歯科治療として認知されていますが、インプラントにも短所の部分があります。

プラークによる歯周炎が発生するように、インプラント治療した歯についてもプラークによる歯周炎があります。

発祥のメカニズムは天然の歯もインプラントも同じですが、細菌によって引き起こされます。

天然の歯に比べ、インプラントは人工物であるため細菌の発生は多く、それによって引き起こされる炎症も多くなります。

インプラント 治療された方は、より一層プラークコントロールのケアが必要となります

普段から丁寧にブラッシングを心がけるとともに、定期的な検診も受けたほうがいいでしょう。

そのほかに、インプラントの短所・欠点については、

インプラントは手術を要するため、他の病気を併発されている方には適さない場合がある

また、強度の糖尿病などの疾患の場合はインプラント治療を受けることができない場合があります

インプラントは保険診療ではないため治療費が高くなります。

以上のことを踏まえた上で、ドクターと良く相談して、治療されるか否か判断してみてください。

インプラント メリット・デメリット

インプラントの長所

インプラントの長所

インプラントを受けたときの長所は・・・


・噛む力が回復する
インプラントは入れ歯と異なり、顎の骨に人口の歯根を埋め込み、

その上に人工の歯を固定するため、天然歯の状態の80%近くまで噛む力が回復するといわれています。

総入れ歯は10%まで回復すればいいといわれています。

噛む力が回復することにより、より食事を楽しむことができるでしょう


・顎の力を補強
インプラントは噛む力が回復すると共に、あごの骨に力を加えますから、あごの骨が痩せていくのを防ぐといわれています。


・体のバランスを取り戻す
歯は1本欠けても体のバランスを崩すと言われており、従来の治療法である入れ歯では歯の土台である歯根の回復までは望めないなど多くは期待できませんでした。
インプラントにおいては、無くなった歯根を補うためそのような問題を解決することが出来ます。


・親和性が高い材料を使用
インプラントに使用されるチタンは親和性が高い材料を使用しているため金属アレルギーの心配は少ないとされています。
心臓のペースメーカーや関節の部品、骨伝道補聴器にも使用されている安全な素材です。

インプラント メリット・デメリット

インプラントのデメリット

インプラントのデメリット


インプラントには次の点に注意が必要です。


1.歯槽骨を切削する必要があり、稀に術後の後遺症を起こすことがある。

2.全身疾患がある場合には治療できない場合がある。

3.骨から体外に直結する構造のため、天然の歯周組織と比べやや感染の危険性が高くなる。

従って人工歯根を維持するためには、口腔衛生の管理と定期的な検診が必要となる。

日本では健康保険の適用対象外であり、自由診療(保険外診療)となるので多額の治療費がかかる。

インプラント メリット・デメリット

インプラントのメリット

インプラントのメリット


インプラント(人工歯根)のメリットには、以下のようなものがあります。


1.天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく固いものを噛むことができるようになる。

2.隣の歯を削る必要がなく、他の歯に負担をかけない。

3.見た目が天然歯に近い。


インプラントの治療方法、費用については各病院・クリニックによって様々あるので、

資料を取り寄せたり、説明を受けるなど、良く調べたうえでインプラントを受けるか否か判断してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。